catch-img

「インバウンド向けMEO対策」効果のある集客施策をご紹介!



Googleマップの圧倒的なユーザー数により、Googleマップ向けの地図エンジンで、検索結果が上位に表示されるための施策=「MEO対策」をしっかり行うと、インバウンド向けの集客にとても効果があります。





目次[非表示]

  1. 1.MEO対策って?
  2. 2.何故インバウンドに効果的なの?
  3. 3.まとめ


MEO対策って?


そもそもMEOとは何なのか皆さんはご存知ですか?

自分でお店を経営している人にとっては知らないとまずい!と言っても過言ではないのがMEOです。


MEOとは、Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)の略で、主にGoogleマップ向けの地図エンジンで検索結果が上位に表示されるための施策を言います。


もっとわかりやすく説明すると、例えば東京都の渋谷でお昼ご飯を食べたいときを想像してみてください。
Googleで「東京都 渋谷 ランチ」と検索しますよね?
すると、検索結果のウェブサイトの一覧の上に、マップの掲載と共にお店の名前と星が表記されます。
MEO対策とは、このお店の名前の掲載をできるだけ上位に表示させるための対策を練ることを言います。




何故インバウンドに効果的なの?


飲食店や宿泊施設などの観光ビジネスと呼ばれる業種はMEOとの相性がとても良いです。


近年では、新型コロナウイルスの影響もあり、飲食店や宿泊施設の売り上げは下がっています。

しかし、今年度に入り徐々に日本への観光も解禁されてきました。

そのため、インバウンド事業と呼ばれる訪日外国人(日本へ観光へ来た外国人)に向けたサービス産業の需要も回復し始めてきました。


ではなぜMEOがインバウンドに効果的なのでしょうか。

その理由はズバリ、Googleのユーザーの数にあります。

現在Googleを利用している人の数は世界で最も多く、スマホユーザーの67%を占めると言われています。

そして、旅行系アプリのダウンロードランキングではGoogleマップが堂々の一位を占めており、年間で1億600万もダウンロードされています。

日本に観光に来る外国人も同様にGoogleユーザーが多いため、インバウンド事業との相性が良いとされています。


また、MEO対策をしているのとしていないのとでは、今後さらに訪日外国人が増える環境下においては雲泥の差が出ること間違いなしです。


MEOの施策の例を挙げると、検索ワードとの関連性を高めたり、掲載している写真の数を増やしたりというようなことがあります。

経営者本人が施策を行うこともできますが、本業の片手間にやるには少し手間が掛かるので、難しいという人はMEOの代行を行ってくれる業者も増えているので探してみると良いかもしれません。



まとめ


今回はMEOの施策について、インバウンド事業との深い関係性と関連付けてお話ししました。

お店の売り上げが伸びなくて困っているという方や、これから新しく飲食店を始めるというような方はぜひMEOに関する知識を身に着けて競合に負けない対策をしましょう。



~関連記事を見る~

~他の記事を探す~

●カテゴリから探す

 

●タグから探す

Copyright 2022 ITeach

運営会社